専門知識が必要な日本刀の売買|美術品買取や骨董品買取の初歩的な知識
ロゴ

美術品買取で鑑定士から見ても特に難しいのが刀買取!

専門知識が必要な日本刀の売買

巻物

日本刀の売買はよほどの専門知識が無いと難しい

日本刀の価値を見極めるのは、よほど目の肥えたその道のプロフェッショナルでないと難しいといわれています。そのため、日本刀の売買では知識の無い人は損をすることが多いです。まず、所有している刀を美術品買取してもらうときですが、そのままの状態で売ると高い値段がつかない場合があるので、刀鍛冶に調整してもらってから売った方がいいです。しかし、刀鍛冶に支払うお金が高くなりすぎては元も子もないので、どれくらい調整してから売った方がいいのか?というのはかなり難しい判断になります。広島には刀の美術品買取に詳しい業者がたくさんありますので、信頼できそうなところであれば、刀を整備した方がいいのかどうなのか先に聞いておきましょう。次に購入する場合ですが、こちらはさらに難しいです。よく日本刀に魅せられて、刀を購入してみたりする人がいますが、実際の価値はその半分以下だったということもよくあります。その刀がいつ誰の手によって作られたのかである程度の価値を測ることができますが、問題はその刀の状態です。出所がわかっているれっきとした日本刀であっても、刀としての状態がよくないために、同じ時期に同じ職人に作られた刀でもあまり価値がないものがあるのです。もともとその刀だけ、日本刀としての出来が悪かったということです。ミリ単位の刀の歪みや曲線の具合などの判断になるので、詳しい人でないと絶対に判別できません。

偽物もたくさん出回っている

一時期よりは大分減りましたが、日本刀には偽物も多く存在します。偽物も多いことに加え、あまり目利きが出来ないと判断された場合は、なまくら刀を名刀と紹介されて買わされることもたくさんあります。このような場合、あまり価値がないと分かっても後の祭りなので、購入に際しては、専門家にアドバイスを受けた方がよいでしょう。

日本美術刀剣保存協会

では日本刀に関してどこに相談すればいいの?と考えると思います。近くに美術品売買の優良店舗がなかったり、知り合いに詳しい人がいなかったりする場合は、代表的な相談口として日本美術刀剣保存協会というのがあります。刀の売買に関して価値を事前に確認する必要があるなら、そちらに鑑定を依頼しましょう。

広告募集中